悪質な出会い系の手口を全て暴露!悪徳出会い系へ「個人情報を教える」してはいけない!

個人情報を教える

「個人情報を教える」絶対やってはいけない

「個人情報を教える」絶対やってはいけない

出会い系サイトから不当に請求がメールや電話であったとき、相手は言葉巧みに、あなたの個人情報(名前、住所、電話番号、勤務先など)を聞き出そうとすることがあります。

そのときは慌てず対処し、けして相手の口車に乗って個人情報を教えてはいけません。

教えてしまうと、さらにその情報を利用して脅しを仕掛けてきます。

すでに悪徳業者に知られてしまった個人情報はしかたがないですが、それ以上の個人を特定されるような情報は教えてはいけません。

メールアドレスや携帯電話番号から、氏名や住所は調べることは基本的にできません。

「個人情報を教える」は絶対ダメ!|出会い系【悪質バスターズ】関連ページ

お金を振り込む
一度でもお金を支払うと悪徳業者はあなたを骨の随までしゃぶり尽くします。その後リストを別の悪徳業者に転売、もしくは共有し、その後さらに、様々な悪徳商法の業者からの詐欺まがいの連絡があるでしょう。
メール返信する
出会い系サイトの悪質行為にメールでの返信をしてはいけません。迷惑メールで配信されたサイトのURLの「配信停止はこちら」などに返信してはいけません。
電話をかける
出会い系サイトの詐欺行為による、不当請求が行われると多くの場合、「会社に連絡をしてくれ」と運営会社は促してきますが、けして電話やメールをしてはいけません。
運営会社を訪ねる
出会い系サイトを利用して詐欺行為にあったとしても、サイトの運営会社に訪ねたり調べに行ってはいけません。
反撃する
悪徳業者に反撃や仕返しをすることは、あなたに何のメリットも生じないどころか、危険な目にあう場合があります。

トップ 悪質サイトの手口一覧 絶対やってはいけないこと 悪質行為の対策・対処法 悪質サイト公開/検索